• hkodama0123

太陽生命、新型コロナウイルス感染症などを保障する「感染症プラス入院一時金保険」を発売

<太陽生命保険株式会社>

T&D保険グループの太陽生命保険株式会社(社長 副島直樹)は、9月1日より、不慮の事故によ る傷害や新型コロナウイルス感染症(*1)を含む所定の感染症(*2)を保障する「感染症プラス入院一時金 保険」〔無配当災害入院一時金保険(無解約払戻金型)(002)〕を新たに発売しますのでお知らせい たします。


当社はこれまで、認知症への対応が社会的な課題となっていることなどを受け、業界他社に先駆けて、 認知症による所定の状態を保障し、健康に不安のある方でも加入することができる認知症保険を販売す るなど(*3)、お客様や社会のニーズをいち早く商品・サービス等に反映させてきました。


現在、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、政府からは「新しい生活様式」が提示され るなど、私たちを取り巻く環境は大きな変革を求められております。


今般、新たに発売する「感染症プラス入院一時金保険」は、「ウィズコロナの時代に、どこの会社 よりも早く、新型コロナウイルス感染症を手厚く保障する生命保険の提供を通じて、お客様にご安心 をお届けし、元気、長生きをサポートしたい」という想いをもって開発した商品です。 新商品の「感染症プラス入院一時金保険」では、新型コロナウイルス感染症を含む所定の感染症等 で入院された場合、業界最高水準である最高 40 万円(*4)を日帰り入院でも一時金でお受け取りいただ けます(*5)。当社で現在販売している保険と組み合わせることで加入でき、保障額が従来の商品の2倍 となるなど、お客様が心配される治療費や入院に伴う諸費用・収入減等の影響に対して、生活をサポ ートすることができます。


また、非対面でのお手続きをご希望されるお客様のニーズに対応して、当社のインターネットチャ ネルである「スマ保険」でも「感染症プラス入院一時金保険」を発売します。あわせて、営業職員チ ャネルでご好評をいただいている「先進医療保険」も「スマ保険」でご加入できるようになるなど、 お客様の多様なニーズにこれまで以上におこたえできるようになります。


太陽生命は、社会環境の変化にあわせて、お客様のニーズや時代を先取りし、これからもお客様に 寄り添い続け、誰もが安心して「元気に長生き」できる社会の実現を目指してまいります。 以 上 太陽生命、新型コロナウイルス感染症も保障する を新発売!


(*1)「新型コロナウイルス感染症」とは、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令

(令和2年政令第 11 号)第 1 条に定める新型コロナウイルス感染症のことをいいます。また、新型コロナウイルス感染症が「感染症の予防及び感染症の患 者に対する医療に関する法律」第6条第2項、第3項または第4項の疾病に指定された場合、その指定が解除された日以後に支 払事由が生じたときは、新型コロナウイルス感染症は対象となる感染症に含めません。

(*2)「所定の感染症」とは、新型コロナウイルス感染症、O-157、コレラ、ペストなどの感染症のことをいいます。

(*3) 簡単な告知により加入できる選択緩和型の商品で、認知症について保障する保険(ひまわり認知症治療保険)は、生命保険業界 初となります。(一般社団法人生命保険協会加盟 41 社において、当社で調べたものです(2015 年 12 月末時点))。

(*4) 「入院一時金保険」と「感染症プラス入院一時金保険」をそれぞれ入院一時金額 20 万円で同時に付加した場合です(主契約によ る入院時の一時金保障について、一般社団法人生命保険協会加盟 42 社において、当社で調べたものです(2020 年 3 月時点))。

(*5)「感染症プラス入院一時金保険」の災害入院一時金は責任開始日から 10 日以内に発病した所定の感染症は保障の対象になりませ ん。



詳細は太陽生命保険株式会社HPまで→

https://www.taiyo-seimei.co.jp/company/notice/download/press_article/2020/20200818.pdf


#太陽生命 #新型コロナ感染症 #入院保険 #新発売 #保険代理店経営に役立つニュース

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財