• TalkingNEWS

「コーポレート・ベンチャーキャピタルの活用方法」と題してコーポレート・ベンチャーキャピタル・ジャパン(株)代表取締役社長 冨田 賢氏によるセミナーを開催!!

最終更新: 2019年5月20日

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2019年 5月20日(月)に紀尾井フォーラム(東京都千代田区)にて下記セミナーを開催します。


〈新社会システム総合研究所〉


社内でのアイディア出しに頼らない新規事業立ち上げ コーポレート・ベンチャーキャピタルの活用方法

【セミナー詳細】 http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19183.html

【開催日時】 2019年 5月20日(月) 午後2時~午後5時

【会場】 紀尾井フォーラム 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F

【講師】 コーポレート・ベンチャーキャピタル・ジャパン(株)(CVC JAPAN) 代表取締役社長 博士(政策・メディア) 冨田 賢氏

【重点講義内容】 新規事業を社内でのアイディア出しで行おうとしても、なかなかうまく行かない、 あるいは、社内の研究開発からの技術だけでは、 市場とつながるところまで、なかなか持って行けないといった課題が多くの企業が抱えている。 それを、解決するのが、オープン・イノベーション戦略であり、 そのツールが、コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)である。 特に、内部留保を有する企業にとっては、CVCの設立は、大きな経営テーマとなる。 CVCファンドの設立をして、先駆的に新規事業に取り組んでいる企業に追いつくには今しかない。] 当セミナーでは、講師が実際に日々行っている業務を踏まえ、 CVCとは何か?からファンドの設立、投資判断のコツまで優しくわかりやすく、徹底解説する。

1.社内でのアイディア出しや研究開発からだけの新規事業立ち上げには限界がある! 2.コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)は何か? 一般的なVCとの違い。 3.なぜ、CVCでベンチャー企業に投資する必要があるのか?そのメリットとは? 4.CVC設立で、オープン・イノベーションを疑わずに、しっかり実践してみよう! 5.ROEやPBRの向上といったIR効果もあるCVCの設立。CVCのPR効果で株価UP! 6.CVC設立の形態、運営、報酬、困難さ、権限委譲、リスク管理など実務面の解説 7.どのようなベンチャー企業に投資するか、どのように見つけるか、どのように交渉するか? 8.投資の投資審査(デュー・ディリジェンス)、リスクの見極め方、意思決定方法 9.投資先ベンチャーとの連携による新規事業立ち上げをどのように進めるか? 10.世界とつながることで、強くなれる!海外スタートアップ企業投資のススメ。 11.質疑応答(新規事業立ち上げ全般についてのご質問もお受けします。)




ベンチャーキャピタルの活用

【お問い合わせ先】  新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F Email: info@ssk21.co.jp  TEL: 03-5532-8850  FAX: 03-5532-8851  URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】  新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、 創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する 情報提供サービスを主な事業としております。 SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、 テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。 また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、 セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等 お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。 SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。


#ベンチャーキャピタルの活用方法

#コーポレートベンチャーキャピタル

#ベンチャーニュース #スタートアップニュース

#資金調達

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財