• TalkingNEWS

NTTドコモ・ベンチャーズ、シンガポールのスタートアップ企業「Matchmove Pay社」へ出資

最終更新: 2019年5月20日

〈株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ〉

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之、以下 ドコモ・ベンチャーズ)は、同社の運用するNTTグループのファンドを通じて、アジア地域でモバイルウォレットのプラットフォームを提供するスタートアップ企業Matchmove Pay Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Shailesh Naik、以下 Matchmove Pay社)へ2019年4月に出資を行いました。


 アジアの各国では、銀行口座開設率やクレジットカード保有率が未だ低い地域が多い一方、スマートフォンは急速に大多数の人口に普及しており、多様な電子決済手段を提供する土壌が整いつつあります。そのような状況の中、消費者にサービスを提供する企業が自社ブランドのQRコード決済等のモバイルウォレットを提供したいというニーズが拡大しています。


 Matchmove Pay社はこれらの企業に対し、最短3週間での導入、クラウドベースの価格競争力のある課金モデルのモバイルウォレットプラットフォーム/ペイメントプラットフォームをアジア地域において提供しており、近年急成長しています。同社のサービスにより、企業は、全てを自社開発するよりも効率的に自社ブランドのモバイルウォレットを構築し、消費者へ提供することが可能となります。

 同社のサービスは、アジア各国の決済手段(クレジット・デビット・eウォレットなど)を包括的に加盟店(小売店舗やeコマースなど)に提供する決済代行(PSP)事業を行うNTTデータ(注1)の事業との親和性が高く、今後のビジネス創造に貢献するものと期待しており、今回の出資に至りました。


以上


(注1)NTTデータは、100%子会社であるNTT DATA Hong Kongを決済事業のハブとして、中国・ベトナム・タイ・マレーシアおよびインド等アジア全域での各国決済手段を包括的に提供しています。


※記載の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ TEL:050-9012-1900


#NTTドコモベンチャーズ #スタートアップ企業 #出資

#スタートアップ支援

#モバイルウォレット

#ベンチャー

#QRコード決済

#ベンチャーニュース

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし