• TalkingNEWS

タバコを吸ったら罰金。日本初、ペナルティ方式の禁煙挑戦サービス「禁煙コミット」をリリース

最終更新: 2019年5月20日

〈株式会社メタエクス〉


株式会社メタエクス(本社:東京都大田区、代表取締役:鈴木英太)は、喫煙にペナルティを課すことで禁煙に挑戦するウェブサービス「禁煙コミット」をリリースいたしました。



禁煙コミット

▶「禁煙コミット」公式ページ https://www.kin-en-commit.com/

 禁煙コミットは、禁煙中のユーザーがタバコを吸ってしまった場合にペナルティとして「罰金」を徴収する仕組みにより、本気で取り組める禁煙を実現するサービスです。サービスの利用開始時に、ユーザーご自身に罰金として任意の金額を登録していただき、禁煙失敗時には、登録された金額を実際にユーザーから徴収いたします。これにより、既存の禁煙方法に比べて強い意思をもって禁煙に挑戦することができます。  また、禁煙コミットでは、家族や友人、同僚など、身近な方に禁煙の成功・失敗の判定を依頼することができます。依頼した身近な方が失敗と判定した場合もユーザーから罰金が徴収されるため、より緊張感を高めつつ、周りの方と協力しながら禁煙に取り組むことができます。


<利用イメージ>


禁煙コミット

「禁煙コミット」利用イメージ


■サービスの特徴・強み​​ ・罰金の設定による緊張感をもった禁煙 ・任意の期間、金額で禁煙の挑戦が可能 ・禁煙失敗時の罰金を除き利用料は一切不要 ・禁煙の挑戦状況をTwitter、Facebookでシェアすることが可能 ・禁煙挑戦結果の判定を身近な方に依頼することで周囲と協力した禁煙が可能

■サービスの使い方 ①「禁煙コミット」公式ページから会員登録(無料)  ▶公式ページ https://www.kin-en-commit.com/ ②登録後のホーム画面から禁煙挑戦期間、罰金の額を設定 ③禁煙挑戦スタート! ④挑戦終了後、ホーム画面から挑戦結果を報告 ⑤失敗の場合は設定した額の罰金を徴収!

※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。


#禁煙コミット

#禁煙挑戦サービス

#タバコを吸ったら罰金

#ベンチャー企業 #新サービス #面白いニュース

#ベンチャー企業ニュース

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし