• hkodama0123

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫>


信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化

大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所(所長 片岡伝七)」と連携協定を締結いたしました。 ハローワーク求人・求職情報提供サービスの利用は、信用金庫では初の試みです。これまで独自の職業紹介事業運営サイト『だいしんWORK2ネット』(https://www.daishin-work2.net/)開設して中小事業者の人材不足解消に取り組んできましたが、今回のサービス利用と提携により、より一層充実した人材雇用支援が可能になります。 ◆ハローワーク求職情報提供サービスの内容 1.サービス利用開始日  2020年6月28日 2.サービスの趣旨・目的 (1)求人・求職のマッチングに係るインフラとして、一種の公共財的な性格を有するハローワークの求職情報について、有料・無料の職業紹介事業者に提供 (2)国・地方・民間が、それぞれの役割・機能に応じた連携を強化し、オールジャパンとしての「外部労働市場全体のマッチング機能の最大化」を図る (3)求職者が容易に利用できるマッチングの様々なチャネルを拡大することで、求職者にとって、早期に良質な雇用機会を確保していく ◆産業雇用安定センター大阪事務所との業務提携の内容 1.連携協定の締結日  2020年8月1日 2.連携協定の内容 (1)当金庫取引先企業の人材ニーズに係る産業雇用安定センターへの情報提供 (2)当金庫職員による取引先企業訪問時の産業雇用安定センター職員の同行 (3)定期的な情報交換の実施に関すること (4)その他、本協定の目的に沿う内容に関すること


#信用金庫初 #ハローワーク求人 #中小事業者の人材雇用支援 #中小企業経営に役立つニュース



2回の閲覧

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし