• TalkingNEWS

浜松市がデータ連携基盤を活用した実証実験プロジェクト「Hamamatsu ORI-Project」への参加者を全国から募集

<浜松市>

デジタル・スマートシティ浜松の実現に向けた第一弾として、IoTプラットフォーム「FIWARE(実証環境)」を活用した、本市内をフィールドとした実証実験プロジェクト「Hamamatsu ORI-Project」への参加者を全国から募集いたします。

募集する実証実験の対象期間は2020年8月~2021年1月の6か月間で、日本電気より「FIWARE(実証環境)」、ソフトバンクより「IoT通信環境及びIoTモジュール」、NTTドコモより「IoT通信環境」をそれぞれご提供いただきます。

国土縮図型都市、浜松をフィールドにデータを活用した地域課題の解決や、新たなサービスの構築に興味がある方は是非ご参加ください。


浜松市では昨年10月に「デジタルファースト宣言」を行い、4月1日にその司令塔となる「デジタル・スマートシティ推進事業本部」、及び「浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム」を設立いたしました。  現下の新型コロナウイルスによる影響により、社会全体の価値観や生活が大きく変化しています。浜松市ではこの危機的状況をデジタル変革の大きな機会と捉えております。  既に官民連携の様々なプロジェクトを推進しておりますが、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向けた第一弾として、この度、データ連携基盤を活用した実証実験プロジェクト「Hamamatsu ORI-Project」への申込者を全国から募集いたします。 プロジェクトWebサイト:https://www.ori-project.hdsc.city/

  • Hamamatsu ORI-Project 概要

▼募集内容  浜松市内をフィールドとし、IoTプラットフォーム「FIWARE(実証環境)」及びその他のデータを活用した、新しいアプリケーションやサービスを目指す実証実験プロジェクトを募集します。  既存のアイディアに捉われない、自由なプロジェクトを期待しております。その中でも以下のテーマに関するプロジェクトを歓迎しております。  <推奨テーマ>  ・複数分野の連携  ・COVID-19対策  デジタル・スマートシティ浜松の実現に向けた"第一歩"を、共に踏み出すプロジェクトをお待ちしております。 *ORI-Project  Hamamatsu Open Regional Innovation Projectの略称。ORIと織(おり)をかけ、遠州織物をはじめとした繊維の街・浜松で、糸を紡ぐように官民が連携し新たなイノベーションを起こすことを目指す。 ▼募集対象者  浜松市内をフィールドとし、FIWARE(実証環境)を活用した実証実験を希望する日本国内に存在する法人または個人。 ▼募集件数  10件程度 ▼実証実験の対象期間  2020年8月3日(月)〜2021年1月29日(金) ▼実証実験への協力内容 浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム、浜松市  ・プラットフォームを通じた、浜松市内におけるフィールド選定への協力 日本電気株式会社  ・FIWARE(IoTサービスプラットフォーム)の実証環境提供  ・FIWAREに関する技術支援 ソフトバンク株式会社  ・ネットワーク回線「IoTプラン」の提供(上限あり)  ・IoTデバイスの提供(上限あり) NTTドコモ株式会社  ・ネットワーク回線「IoTプラン」の提供(上限あり)

  • 応募について

▼募集要領  プロジェクトWebサイトにある公募要領及び参加規約をご確認いただき、申込書類を作成し、お申込みください。 ▼申込受付期間  2020年5月15日(金)〜2020年7月9日(木)17時必着 ▼プロジェクトWebサイト https://www.ori-project.hdsc.city/

  • 募集に関する説明会等

▼オンライン説明会  日程 2020年6月1日(月)  時間 13時30分~15時00分  方法 オンライン会議ツール「ZOOM」を使用  応募 下記リンク先のフォームよりお申込ください。 https://forms.gle/qmHDdjbDsPs189Si9 ▼オンライン個別相談会  日程 2020年6月17日(水)  時間 13時00分~17時00分(1社あたり15-30分を想定)  会場 オンラインにて実施  参加について

  ・申込の意思があり、かつ具体的なプロジェクトを想定している事業者との相談会を優先するため、    2020年6月12日(金)17時までに本プロジェクトへのお申込みを行った事業者へ先着順に案内します。

  ・2020年6月12日(金)17時までに提出した実証実験計画書(様式3)について、再提出を希望する事業者は    2020年7月9日(木)17時までに修正したものを再提出することが出来るものとします。    ※申込多数の場合は先着順とします。 ▼質疑応答  質問提出期限 令和2年6月25日(木)17時  提出方法 下記リンク先の質問フォームよりご質問ください。 https://forms.gle/Eq466PMqvN3L38eMA  回答方法 内容に応じ、プロジェクトWebサイト上での公開またはE-mailによる個別回答


  • 実施体制について

<主催> ▼浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム、浜松市 <プラチナスポンサー>

▼日本電気株式会社

社名:日本電気株式会社

所在地:東京都港区芝五丁目7番1号

代表者:代表取締役執行役員社長兼CEO 新野隆

設立年月:1899年7月

資本金:3,972億円

事業内容:パブリック、エンタープライズ、ネットワークサービス、システムプラットフォーム、グローバル

URL :https://jpn.nec.com/


▼ソフトバンク株式会社

社名:ソフトバンク株式会社

所在地:東京都港区東新橋1-9-1

代表者:代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙

設立年月:1986年12月

資本金:2,043億円

事業内容:移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供

URL :https://www.softbank.jp/biz/​ 


<ゴールドスポンサー>

▼株式会社NTTドコモ

社名:株式会社NTTドコモ

所在地:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー

代表者:代表取締役社長 吉澤 和弘

設立年月:1991年8月

資本金:9,496億円

事業内容:通信事業、スマートライフ事業、その他事業

URL :https://www.nttdocomo.co.jp/


  • 浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォームについて

▼設立の目的  浜松市は「デジタルファースト宣言」によりデジタルの力を最大限に活かした持続可能な都市づくりの推進を掲げ、デジタル・スマートシティによる都市の最適化を目指しています。この取組を推進することを目的に、多様な主体の積極的な参画と官民の連携を促すための仕組みとして、官民連携プラットフォームを設立しました。 ▼官民連携プラットフォームの機能  ・分野間連携の促進  ・データ利活用の推進  ・会員間の情報共有や連携支援  ・事業化支援  ・啓発(フォーラム等の開催)  ・人材育成(セミナー等の開催) ▼詳細ページ https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/digitalsmartcity/platform.html


#浜松市 #プロジェクト #データ連携基盤 #実証実験 #IoTプラットフォーム #ORIProject #官民連携 #地方活性化ニュース

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財