• TalkingNEWS

保険証券管理アプリ「folder」のダウンロード数が7千件を突破 登録保険証券数も5千件を突破

〈株式会社アドバンスクリエイト〉

株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役社長:濱田 佳治、以下「当社」)が、昨年9月に開発した保険証券管理アプリ「folder」が、順調にダウンロード数を伸ばし、この6月で7,500件に達しました。加えましてカメラOCR機能による「保険証券」登録数も5,000件を超えましたので、お知らせいたします。

■  保険証券管理アプリ「folder」の実績と今後の想定

「保険証券」をスマホで撮影してクラウド上で管理できる便利なアプリ。単に管理するだけではなく、契約データと紐づくことで、契約している保険会社との連絡先が連携され、保険契約情報を家族や大切な人と共有できるなど色々な機能が次々と実装されています。お陰様で、ダウンロード数はこの6月に7,500件を超え、7月末までに10,000件、年内に20,000件を超えると想定しております。また、管理するべき「保険証券」数も5,000件を超え、同じく年内には15,000件を超える登録数になると予想しております。


保険証券管理アプリ

■  カメラOCR機能とは

「保険証券」をスマホのカメラで撮影し、画像として保管するだけでなく、AIを活用したOCR機能によりその画像をデータ化します。現在、当社経由でお申込みいただいた契約者様の情報を当社の保有する契約データと紐づけ、今後の保全業務に活用できる機能の開発を順次進めております。


保険証券管理アプリ

※folder、保険市場folderは、商標登録出願中です。

以 上


#保険証券管理アプリ #folder #アドバンスクリエイト #保険市場 #自動でデータ化 #フィンテック #インシュアテック #保険代理店経営に役立つニュース

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財