• TalkingNEWS

住宅ローン事業分野でみずほ銀行とアルヒ業務提携基本合意

最終更新: 2019年5月20日

〈株式会社みずほ銀行〉

株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、以下「みずほ銀行」)は、本日、アル ヒ株式会社(代表取締役会長兼社長 CEO 兼 COO:浜田 宏、以下「ARUHI」)との間 で、住宅ローン事業分野における業務提携に関する基本合意書を締結しました。


ARUHI は、国内最大手の住宅ローン専門金融機関です。お客さまや不動産事業 者などの利便性を高めるため、RPA や IT などのテクノロジーを活用し、融資実行 や事前審査の際に圧倒的なスピードを実現することで、住宅ローン事業のさらな る拡大を目指しています。

みずほ銀行は、今回の業務提携の一つとして、本年中を目途に、みずほ銀行が 取り扱う全期間固定金利の住宅ローン【フラット 35】における事前審査、本審査、 契約から融資実行までの業務について、ARUHI の子会社であるアルヒ RPA ソリュ ーションズ株式会社(代表取締役社長:若松 智彦)への委託を開始する予定です。 これにより、ARUHI 独自の先進的なシステムを活用し、迅速かつ正確な事務処理 を実現することで、お客さまサービスの向上を目指します。


また、みずほ銀行と ARUHI は、お互いの特徴を生かし、住宅ローン事業分野に おけるさらなる提携業務について今後検討していきます。


みずほ銀行は、お客さまに使いやすいサービスの提供を目指し、「住宅ローン電 子契約サービスの導入」、「住宅ローン審査への AI 導入に向けた実証実験」など 住宅ローンに関する手続の完全デジタル化・先進的なテクノロジー活用に積極的 に取り組んでいます。今後も、お客さまの多様なニーズにお応えするために、オ ープンな業務連携の取り組みを通じて、より魅力ある商品・サービスを提供して いきます。


以上


#みずほ銀行 #ARUHI #業務提携

#住宅ローン #フィンテック #新サービス

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし