• TalkingNEWS

最新調査レポート『アジアの小売業者TOP100』を発表

〈ユーロモニターインターナショナル〉

国際的な市場調査会社であるユーロモニターインターナショナルはこの度、『アジアの小売業者TOP100』と題した最新調査レポートを発表しました。本レポートでは、いかにアジア太平洋地域の小売業界が変遷してきているのか、またどういった要素が業界の変化を生み出しているのかを解説しています。

ユーロモニターインターナショナルによると、アジアのデジタルコマース市場の主な成長要因の一つがマーケットプレイスモデルの台頭です。2018年、デジタルコマース(B2Cに限定)の総売上の 47%がマーケットプレイスモデルによるもので、2009年の27%から大幅に伸びていることが分かります。阿里巴巴集団(Alibaba)や京東商城(JD.com)、楽天(Rakuten)といった大手マーケットプレイスが、幅広い品揃えの提供に加え、決済に安全性を、そして配送に信頼性をもたらしたことが成長に寄与しました。

アジアは2018年、世界のデジタルコマース市場の実に41%を占めていますが、消費者がより裕福になってきていることに加え、高齢化、都市化、そして単身世帯数の増加が、同地域の消費者の購買行動に大きな影響を与えました。

ユーロモニターインターナショナルのリサーチマネージャー、イヴァン・ウズノフ(Ivan Uzunov )は、次のように述べています。「アジア太平洋地域では、都市化が進んだことで、一度の買い物で大量に買い込む『まとめ買い』よりも、必要に応じて必要な量をその都度買う『補充買い』が消費者に好まれるようになり、Eコマースが直販やホームショッピング(TVショッピングやカタログ通販)といった伝統的な非店舗型チャネルを凌駕しています。アジアの新興市場では依然として伝統的な小売業が強い存在感を保っている一方、消費者はフォーコート小売店(ガソリンスタンドに併設した店舗)やコンビニエンスストアなど、より近代的な業態の店舗へと流れています。しかし、食料品以外の消費財をオンラインで購入することに対して消費者の抵抗感が弱まったことにより、同地域では消費者の実店舗離れが進んでいます。」

ユーロモニターインターナショナルでは、2023年までにアジア太平洋地域におけるEコマース市場が2018年から約2倍の1兆6000億米ドルに達すると予測しています。2018年から2023年にかけて、インドネシア、マレーシア、インドを筆頭にアジアの世帯可処分所得が上昇すると見込まれ、大手小売業者は事業拡張計画において、この広域なアジア市場に重点を置き続けると見られます。

アジア太平洋地域における小売業者TOP5(2018年): 1.      阿里巴巴集団(Alibaba Group Holding Ltd) 2.      京東商城(JD.com) 3.      セブン&アイ・ホールディングス(Seven & I Holdings Co Ltd) 4.      イオングループ(AEON Group) 5.      アマゾン・ドット・コム(Amazon.com Inc)

■本レポートは下記リンクより無料でダウンロード頂けます。 https://go.euromonitor.com/white-paper-retailing-2019-top_100_retailers_in_asia_jp.html

– 以上 –

ユーロモニターインターナショナルについて: ユーロモニターインターナショナルは、世界各国の様々な産業やサービスに関するデータ・分析レポートを提供する、国際市場調査のリーディングカンパニーです。210カ国・30産業にわたる幅広く詳細なデータや分析レポートは、世界各国の企業のお客様に活用され、高い評価を頂いています。


#アジアの小売業ランキング #デジタルコマース #セブンアンドアイ #イオン

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財