• TalkingNEWS

エコ生活でポイントゲット!奈良市で新しく「環境ポイント」を創設

最終更新: 2019年5月29日

〈奈良市役所〉

●奈良市では、令和元年6月3日(月)より、地球温暖化対策の一環として、「環境ポイント」を創設。市民が気軽に参加できるエコの取り組みによって、奈良市ポイントをゲットするとともに、奈良市ポイント自体の活性化を図る。 ●奈良市では、温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比30%減を目指している。「家庭」全体での年間20万t-CO2の削減に向けてこの制度を創設。 ●取り組みは次の4つ。(1)エコチャレンジポイント(2)グリーンカーテン設置ポイント(3)宅配ボックス設置ポイント(4)雨水タンク設置ポイント。

奈良市では、令和元年6月3日(月曜日)より、地球温暖化対策の一環として、より多くの市民に、省エネルギーに資する環境にやさしい行動に取り組んでいただくため、奈良市ポイント制度に「環境ポイント」を創設しました。 気軽に参加しやすい4つの取り組みを設定し、市民の皆様が、エコで奈良市ポイントをゲットするとともに、奈良市ポイントの活性化を図ります。


エコ生活でポイントゲット

4つの取り組み (1)エコチャレンジポイント (2)グリーンカーテン設置ポイント (3)宅配ボックス設置ポイント (4)雨水タンク設置ポイント(※1) (※1)雨水タンク設置ポイントは、健康エコハウス補助(雨水タンク)制度からポイント制度に移行。

1 事業の概要

(1) エコチャレンジポイント(新規) 電気・ガスの使用量の削減に6ヶ月間取り組み、前年と比較し削減できた使用量に応じてポイントを発行(世帯単位での参加)

電気・ガス使用量の前年比削減量(CO2削減量(kg)に換算)×5ポイント (例)電気を100kwh削減した場合 100kwh×0.418kg-CO2(電気の排出係数)=41.8kg-CO2 ⇒209ポイント発行

※CO2削減量(kg)換算方法 …電気・ガスの使用量に排出係数(電気またはガス)を掛けて換算します。

(2)グリーンカーテン設置ポイント(新規) 自己の居住の用に供する市内の住宅にグリーンカーテンを設置した人(※2)に、100ポイント発行(設置年度につき1回まで。世帯単位での参加) ※2 窓を覆う程度まで成長したグリーンカーテンを1か所以上栽培した人で、申請時に、設置時・1か月後・窓を覆う程度まで成長した時等の栽培記録写真の提示ができる人

(3) 宅配ボックス設置ポイント(新規) 自己の居住の用に供する市内の住宅(共同住宅を除く)に宅配ボックスを設置した人に、宅配ボックスの購入費の2分の1のポイントを発行 (1,000ポイント未満切り捨て、上限5,000ポイント、同一住宅につき1回限り)

(4) 雨水タンク設置ポイント(移行) ※健康エコハウス補助(雨水タンク)制度から移行 自己の居住の用に供する市内の住宅(共同住宅を除く)に雨水タンクを設置した人に、雨水タンクの購入費の2分の1ポイントを発行 (1,000ポイント未満切り捨て、上限10,000ポイント、同一住宅につき1回限り)

2 令和元年度予算額 960千円(4事業) (1) エコチャレンジポイント 300千円 (2) グリーンカーテン設置ポイント 10千円 (3) 宅配ボックス設置ポイント 250千円 (4) 雨水タンク設置ポイント 400千円

3 申請方法 環境ポイントメニューに取り組み又は設置した後、6月3日(月曜日)以降に所定のポイント交付申請書に必要書類を添付し、奈良市役所環境政策課まで持参、郵送、電子メール(ecopoint@city.nara.lp.jp)により提出してください。 受付は、メニューごとの先着順とし、予算額に達すると受付を終了します。

#地方創生 #地方活性化 #エコ生活 #奈良市役所 #エコチャレンジポイント #環境ポイント #地方活性化ニュース

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財