• TalkingNEWS

金融仲介業の規制緩和に向けて、金融版ECプラットフォームパッケージ構築プロジェクトを始動


2021年以降の金融規制緩和を視野に、投資信託や保険商品、ローンなど異なる種類の金融商品をワンストップで比較、購入できる金融版ECシステムのパッケージ構築プロジェクトを始動いたします。


  1. Librus株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鎌田光一郎)は、2021年以降の規制緩和に向けて、金融機関、金融仲介業者、ネオバンク/チャレンジャーバンク等に対して、投資信託や保険商品、ローンなど異なる種類の金融商品をワンストップで比較し、購入できるプラットフォームのパッケージ開発に向けてプロジェクトを始動いたしました。マーケティング、口座開設、金融商品販売、AML等コンプライアンス対応などの一連の業務を一元的に実装することを目指します。

  2. 本件に関するお問合せ先Librus株式会社 広報担当:内田 電話:03-6869-3602 メールアドレス:info@librus.jp これまで投資信託や保険、ローンなど、異なる種類の金融商品をワンストップで比較し、選択したり、同ジャンルの商品同士を利回りや手数料の観点から一元的に比較、購入まで行えるサービスはほぼ皆無で、顧客は商品ごとに別々の金融機関、仲介業者等と契約しなければならず、顧客の利便性が低いことが業界としての大きな課題でした。 こうした課題に対して金融当局は以下のような方向性で新仲介法制を検討しています。 (1) ワンストップで完結する金融仲介業者という新規の類型を創設し、複数の金融仲介業を単一の参入規制で認める。 (2) 利益相反に留意しながらも、商品、サービスに応じた行為規制を採用する。 (3) 新仲介業者には所属性を採用せず、顧客保護ルールを採用することで、新仲介業者の利益相反行為を牽制する方針とする。 (4) オンラインでの新規参入事業者を念頭に入れる。 こうした規制環境下の中で、特に市場に期待されているのは金融版の総合ECサイトであり、そのニーズに応えるためにパッケージ型システムの構築プロジェクトを始動いたしました。Librus株式会社についてLibrus株式会社は「先進的かつ圧倒的な技術⼒を、あらゆるビジネスに」をビジョンに、ITのプロフェッショナル集団として、クライアントに対してシステム開発にとどまらず、事業戦略の構築からマーケティングに⾄るサービスをワンストップで提供している会社です。 主に金融サービス構築に関するコンサルティングやシステム開発を中心にサービス展開しておりますが、ECサイトやポータルサイトなどの開発実績もございます。 コーポレートサイト https://librus.co.jp/

本件に関するお問合せ先

Librus株式会社 広報担当:内田 電話:03-6869-3602 メールアドレス:info@librus.jp


#金融仲介業 #規制緩和 #金融版ECプラットフォーム #プロジェクト #保険 #投資信託 #ローン #保険代理店経営に役立つニュース #スタートアップに役立つニュース #ベンチャー経営に役立つニュース

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし