• TalkingNEWS

投資初心者ママ向けの新サービス「mattoco」登場

最終更新: 2019年5月20日

三菱UFJ国際投信株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長 松田(まつだ) 通(とおる))は3月1日(金)から、仕事や家事、育児などで忙しいママでも簡単・手軽に始められ、長期的な資産運用ができるサービス「mattoco(マットコ)」(https://direct.mattoco.jp/lp/gakushi/index.html)

を開始しました。



mattock

【投資信託の新サービスmattocoとは】  

mattocoはアプリ等で簡単に口座開設ができ、スマホを始めとしたweb上で簡単に投資信託の購入や換金ができるサービスです。投資初心者の方でも、子どもの将来の習い事や留学、家族での海外旅行等、お客さま独自の目敵(ゴール)を設定し、つみたて投資のシミュレーションを行いながら、つみたて投資を始められるのが特徴です。


【mattocoが活かせる場面の一つは“学資投資”】  

子どものどんな夢を応援するにしても、必要になるのが教育資金。「子どもの夢をお金であきらめないために」、「子どもの未来の選択肢を広げるために」、これまで投資を始めるきっかけがなかったママでも、mattocoの学資投資[つみたて投資]で、スマホひとつで簡単・手軽に教育資金づくりを始められます。


【学資投資とは?】  

学資投資とは、“投資信託のつみたて投資による将来の教育資金づくりをめざす”新しいカタチの投資サービスです。学資保険とは異なり、投資期間や金額を比較的自由に設定することが可能です。  子どもの年齢による加入制約などがないため、子どもを授かる前でも、子どもが一定の年齢に達してからでも開始することができます。また途中でつみたて金額やつみたて期間を見直せるほか、急な資金ニーズが発生した場合でも換金することが可能です。お客さまの家計の状況に合わせて、より柔軟な教育資金づくりをめざします。


【サービス提供の背景】


mattock

お金について考え始めるきっかけは、結婚や子どもができた時などライフスタイルに変化があった時が多いようです。しかしながら、長引く低金利環境により、子育て世代の教育資金づくりを取り巻く環境にも変化が見られます。子育て世代を応援する、学資保険に替わるニーズを読み取り、この度、mattocoの提供を開始します。  また、投資をする際、“何から始めていいかわからない”と感じるお客さまのため、スマホでも簡単に口座開設ができ、自動的にコツコツと資産形成が継続できるサービスをめざしました。  


本サービスを通じ、忙しいママをはじめ誰もがライフスタイルに合わせて簡単に資産形成ができることを応援したいと考えています。


<子育てに忙しいママに!mattocoのオススメポイント!>

① スマホひとつで簡単!  投資信託の購入・換金、運用状況の確認まで、仕事や家事、育児の合間に簡単に行えます。まとめて投資する余裕資金がなくても、家計のやりくりの範囲内で月々5,000円から手軽に資産運用を開始できます。一度申し込みをしたら、あとは毎月、自動的につみたて投資をすることができます。


② 目的を柔軟に設定し、子どもが何歳でも始められる!  

本サービスでは、学資保険のように子どもの年齢による加入制約はなく、子どもに夢が芽生えたその瞬間、あるいは子どものために何かしてあげたいと思い立ったその時から、その“夢”に向けた準備を始められます。習い事や中学受験、海外への短期留学、充実した大学生活など、子どもの大切な夢に応じた目的によって目標金額を自由に設定できます。目標金額までの達成率がスマホで簡単に把握できるので、目的達成までのモチベーション維持につながります。



mattoco

③ 頼れるプロによる運用で家計の資産づくりを応援!  

お客さまに代わり、頼れるプロが運用します。取扱商品は、手数料が低水準なものや分配を抑制する、長期・積立・分散投資に適した商品を揃えています。また、多くの商品が「つみたてNISA」の対象です。


【専門家からのコメント】

 ご自身も2人のお子さまを育てられているFP(ファイナンシャルプランナー)の氏家祥美(うじいえよしみ)さんに、お話を伺いました。


 FPの仕事の中で、普段から相談を受けたり、セミナーの講演をしていると、子どもの教育費への関心は依然として高いと感じます。しかし、必要なお金の貯め方や殖やし方がわからないという方も多くいらっしゃいます。

 テレビCMなどでも「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」が盛んに宣伝されていることもあり、投資や資産運用を始めたほうがいいのかなぁ、と思っている人は増えてきたように感じますが、そのやり方がわからない、あるいはきっかけがないという声も多く聞かれます。  


「mattocoチョイス」のようなシミュレーションツールは、そういった方々が資産運用を始めるためのひとつのきっかけとなるかもしれませんね。着実に貯めたい教育資金には、つみたて投資で、投資先を分散し、毎月少額ずつ買っていくやり方が向いていると思います。  

私自身も「お金で夢をあきらめないで」というメッセージをこめて、セミナーを行うケースが多くあります。子どもの夢のために長期間でコツコツとつみたて投資をする「学資投資」のコンセプトには共感できますね。


ファイナンシャルプランナー/キャリアカウンセラー 氏家 祥美

ハートマネー代表。しあわせ家計研究家

幸福度の高い家計の仕組みづくりと、金融リテラシー教育を専門とする。共働きファミリーのマネープランでは、お金・仕事・暮らしの多様な視点から支援する。2児(高校生と大学生)の母。趣味は旅と世界の料理。 「いちばんよくわかる!結婚一年生のお金」(学研パブリッシング)、「子どもの年代別学校に行かせるお金の貯め方」(PHP研究所)ほか著書多数。


【mattoco開業記念 口座開設&つみたて応援キャンペーンを実施】  

期間中に口座開設や、つみたて投資を開始された先着3,000名のお客さまにはPontaポイントを最大で2,000Pontaポイントプレゼント。


・口座開設キャンペーン期間2019/3/1(金)~2019/8/8(木)

・つみたて応援キャンペーンエントリー期間2019/3/1(金)~2019/4/19(金) ※エントリー期間終了後、3ヵ月以上の連続購入が必要です。 ※詳細はキャンペーンページ概要(https://direct.mattoco.jp/campaign/20190301-01.html) をご覧ください。


【当資料のご利用にあたっての注意事項等】

<投資をご検討いただくにあたって>

・投資は収益期待がある一方で、値下がり

・元本割れの可能性もあり、その損益はすべてお客さまに帰属します。したがって、お客さまの状況等によっては、資金使途に照らして必ずしも投資が適した選択肢となるわけではない点にご留意ください。

・投資はお客さま自身の判断と責任で行っていただく必要があり、投資知識や投資対象商品への理解に不安がある場合は投資をお控えください。また、投資の判断の基礎となる投資方針については、一般的に、資金使途や投資期間、経済状況やリスク許容度等を総合的に勘案した上で、適宜見直しを行うことが望ましいとされています。


<投資信託のリスクと費用>

投資信託のリスクと費用については、下記リンクをご覧ください。https://direct.mattoco.jp/info/risk_cost.html


<留意事項>

■mattocoとは、三菱UFJ国際投信(以下、当社)が提供する、①「三菱UFJ国際投信ダイレクト」(インターネットを通じ、当社で口座開設や投資信託の購入・換金を行うことのできるサービス)および②当社を通じて投資信託をお取引する際に、参考となる投資関連情報提供等サービスの総称です。

■当資料は当社が作成した情報提供資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。投資信託をご購入の場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

■当資料の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。また、将来の市場環境等や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

■当資料は信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。

■当資料に掲載の内容は、お客さまの投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客さまご自身でご判断ください。


【会社概要】

会社名:三菱UFJ国際投信株式会社(https://www.am.mufg.jp/)

本社:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル4階

取締役社長:松田 通 設立:1985年8月1日

mattocoLife:https://life.mattoco.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/mattoco.mukam/

Twitter:https://twitter.com/mattoco_mukam


#mattoco

#投資初心者

#学資投資

#ママ向け新サービス

#三菱UFJ国際投信 #投資

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財