• TalkingNEWS

フィンテック収益化見通し立たずとの記事がありました

最終更新: 2019年5月20日


地域金融機関がIT(情報技術)と金融を組み合わせたフィンテックを生かした新サービスに力を入れている。

ファインドイット

日本経済新聞(4月24日)の記事です。


日本経済新聞社が今春実施した「地域経済500調査」で地域金融機関のトップにフィンテックの動向を聞いたところ、88%が「取り組んでいる」と答えた。具体的な取り組み分野(複数回答)は「決済」が84%で最も多く、「個人資産運用」(53%)や「クラウドファンディング」(52%)が続いた。


ただ、足元ではフィンテックが収益に結びついていない様子が読み取れる。フィンテック事業について「収益貢献の見通しは立っていない」は35%で、「20年3月期以降に収益貢献の見通し」が31%だった。「収益貢献している」は12%にとどまった。

フィンテックなどを使った新事業を強化するのは、人口減や低金利で融資など既存事業の収益が低迷しているためだ。


来店する個人や法人の顧客が減少すれば、・・・・・


各社色々な施策を打ち出していますが、収益化はこれからというところ。

日本人の国民性なども加味していかないと、成果を上げるのは中々厳しいと思います。


#フィンテック #クラウドファウンディング

#フィンテックの収益化

#地域経済 #地方活性化 #フィンテックニュース


最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財