• TalkingNEWS

「花いっぱいプロジェクト」を始めます!

〈農林水産省〉

農林水産省は、新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花きの消費拡大を図るため、家庭や職場に春の花を飾って楽しむ「花いっぱいプロジェクト」を 3月14日のホワイトデーを目前に控えた本日(3月6日)から始めます。 この機会に生活に彩りを加えてみませんか。


1.趣旨

例年、3月は卒業式や送別会等の各種イベントや、お彼岸需要により、花きの需要が最も高まる時期のひとつです。  しかしながら、本年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため卒業式や各種イベントが中止されること等によ

り、最大の需要期に向けて生産された花きの価格が下落しています。  そこで、農林水産省では、「花いっぱいプロジェクト」として、家庭や職場での花飾りや花の購入促進の取組を実施します。


2.取組

(1)フラワーバレンタインの取組の一環として、ホワイトデーに花を贈る 花き購入施策を推進します。 (2)胸ポケットに生花のコサージュを挿す取組を推進します。


花いっぱいプロジェクト 農林水産省

花いっぱいプロジェクト 農林水産省

(3)イベント等の開催自粛で余剰になった花を産地の生産者と連携して販売します。 (4)農林水産省公式Facebook、Twitter、BUZZ MAFF等を通じた「今週の花」発信や、家庭、職場等での花飾りや花贈りの事例の紹介、庁舎内等の 花飾りを行います。 (5)地方公共団体、関係団体に、庁舎内及び職場等での花飾りや公共スペースでの花展示等を呼びかけます。 生産局

園芸作物課花き産業・施設園芸振興室

担当者:長峰、千葉

代表:03-3502-8111(内線:4827)

ダイヤルイン:03-6738-6162

FAX:03-3502-0889


#花いっぱいプロジェクト #農林水産省 #花きの消費拡大 #中小企業経営に役立つニュース

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし