• TalkingNEWS

広島県の公募事業「地域産業 IoT 導入促進事業実施業務」を共同運営し地元企業の人材育成を支援

〈株式会社広島銀行〉

株式会社広島銀行(頭取 部谷 俊雄)では、株式会社ウフル(代表取締役 園田 崇)とテクノロ ジーによる地域課題の解決と地域経済の活性化を目的とした業務提携契約を地方銀行として初めて締 結し、広島県の公募事業を共同運営しますので、下記のとおりお知らせいたします。



1.本取組の目的

地元企業や自治体においてデジタル化へのニーズが高まっており、IoT 分野で広島県との協働 実績もあるウフルと協力して、人材育成および地域経済の活性化を図ります。

※2019 年 4 月 23 日付「広島県・広島大学・広島銀行・ひろしま産業振興機構・ひろしまベン チャー育成基金の新たな産業・事業者創出に向けた取組みに関する相互連携協定書」に基づき 進めるものです。


2.株式会社ウフルについて

「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的 な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。IoT 事業を 核とし、広島県において、AI/IoT プラットフォーム「ひろしまサンドボックス」など IoT 関連事 業に深く関わっています。


【会社概要】

本社所在地:東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル4F

設立年月日:2006年2月10日

代表取締役社長 CEO:園田 崇

事業内容

IoT サービス事業、IoT ソリューション事業、システムイン テグレーション事業など


3.広島県の公募事業について

広島県の公募事業「地域産業 IoT 導入促進事業実施業務」を共同運営し、地元企業の IoT 人材 育成を支援いたします。後日、詳細を改めてお知らせいたします。


以上


2019年6月12日


本件に関するお問い合わせ先

株式会社広島銀行 公務営業部

TEL(082)247-5151(代表)



広島銀行

#広島銀行 #地域経済活性化 #IoT #人材育成 #地方創生ニュース

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財