• TalkingNEWS

生命保険業務の音声辞書SEIMEIについてCEO津崎が、保険代理店経営者が集う「RINGの会」で登壇

最終更新: 2019年5月21日

保険業界最大のオフラインイベントを運営する「RINGの会」総会研修会で登壇しました。


SEIMEI株式会社(東京都千代田区、代表取締役 津崎桂一)は、11月17日に開催された一般社団法人「RINGの会」総会研修会にてCEO津崎が30分間の基調講演を行いましたことを報告致します。 当社サービスSEIMEIが目指す保険代理店業務の自動化について講演し、ご参加頂いた約35名の保険代理店経営者の皆様からは「保険事務の標準化」に対する要望の声を多く頂きました。



SEIMEI

■講演内容サマリー

保険業界と生命保険営業現場のIT化の遅れについて言及し、ソリューションとしての音声辞書SEIMEIのご紹介をさせて頂きました。 当社システムが生命保険会社公認となるために調整中という現況も共有し、質疑応答では保険代理店経営者の方々から、保険事務が各社ごとにバラバラである状況を一元化して欲しいという当社へのご要望を頂きました。 SEIMEIのサービス再開は12月10日を予定しております。


■SEIMEIサービス概要

保険代理店所属の生命保険営業パーソンの方を対象とした生命保険業務の音声辞書SEIMEIでは、ユーザーはタブレット端末上のアプリケーションに1フレーズ話しかけるだけで、調べたい業務情報を即時検索することができます。 従来のPDF検索や紙媒体での検索でかかっていた無駄な時間コストを1/60~1/180に削減し、またヒューマンエラーも解消され、複数社情報の一括検索も可能な、生命保険業務の生産性向上に寄与するシステムです。 なお、音声認識による業務情報検索システムとしては国内唯一となります(当社調べ)


■生命保険業務RPAシステム「SEIMEI」(http://seimei.co/seimei/)

SEIMEIは、あらゆる生命保険業務の自動化を目指すクラウド生命保険業務RPAシステムです。主に音声認識技術を活用し、業務情報の即時検索を可能とし、煩雑で時間のかかる業務情報検索から生命保険営業パーソンを解放します。 開発・運営を行うSEIMEI株式会社はサービスローンチ前でありながら、Incubate Camp 11th本戦参加企業選出、「起業の科学」著者の田所雅之氏が手がけるB-SKETアクセラレーションプログラム、ニッセイキャピタルが運営する「ニッセイキャピタルアクセラレーションプログラム」第1期採択企業など、2018年の採択倍率8倍~16倍のプログラム3つに選出されています。


■SEIMEI株式会社概要

◇所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル22階

◇代表取締役 津崎 桂一

◇設立 2017年5月1日

◇資本金 999万円

◇事業内容 生命保険業務RPA「SEIMEI」の開発・運営

◇企業URL http://seimei.co/


■【SEIMEIについて生命保険代理店のお客様からのお問い合わせ先】

e-mail:info@seimei.co

上記アドレスにお問い合わせ頂くか、またはお申込みをご希望される場合は、 http://seimei.co/seimei/ の申込フォームよりご入力下さい。 現在、生命保険会社よりリクエスト頂いた重複ログイン禁止機能を実装中のため、アカウントの発行は12月10日を予定しております。 お申込頂きました皆様には恐れ入りますが、サービス利用再開まで今しばらくお待ち下さい。


■【RINGの会】について

人と人とのつながりを通じて、新時代にふさわしい自立した保険代理店経営と保険文化を作り出す事を目的として活動する一般社団法人です。 毎年初夏に開催するオープンセミナーは例年1500人弱の来場者を誇り、保険業界最大規模のイベントとして広く認知されています。

◇会長 小坂 学

◇URL https://ring-web.net/


#SEIMEI #保険の新たな販売ツール

#RINGの会

#生命保険音声辞書

#保険代理店 #保険代理店経営に役立つニュース #生命保険ニュース

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財