• TalkingNEWS

産学協働 IoTで農業効率化!            

〈アイアグリ株式会社〉

話題のスマート農業の実証 ドローンによる植生分析と環境モニタリングによるビックデータを、併せて解析する新しい取り組み

1.【顧客ターゲット】 露地野菜栽培農家

2.【コンセプト】 新規性×話題性 話題のスマート農業の実証 ドローンによる植生分析と環境モニタリングによるビックデータを、 併せて解析する新しい取り組み

3.【特徴】 ◆露地栽培に特化したセンサーの採用 ・完全独立電源で365日フル稼働 ・農作業を考慮した親切設計 ・かんたん入力営農日誌機能付き ・1kmメッシュで細かく正確な天気予報 ◆詳細な分析システム リアルタイムで圃場データ取得・分析可能。病害虫予測、収穫時期予測、 収量予測へ。

4.【リリースポイント】 ◆露地栽培に特化した環境モニター ◆収穫時期予測、収量予測 ◆生指数と気象データの突合 5.【今回の実証試験にあたって】  ハウス栽培では、環境モニターのデータから環境制御を行うことは広く普及してきていますが、露地栽培においては「全く自然が相手」故に、データの収集・分析の試みは殆どありませんでした。  今回はシステムデザイン開発社製の露地に特化したセンサーによるセンシングデータのリアルタイム分析、東京農業大学の知見とジャパン・ミネラル・ファーム(株)の経験とを掛け合わせて、今までにない露地栽培での収量予測の実現を目指します。

6. 【現場にて確認いただけます】  6月8日(土)10:00より(雨天中止)ジャパン・ミネラル・ファーム試験圃場にてドローンによる画像撮影、および収穫作業を実施予定です。この機会に是非現場にてご確認をお願い致します。 圃場所在地:下記地図を参照ください。(赤線で囲った場所です) ゴルフパートナー館林練習場(群馬県邑楽郡板倉町板倉2903)西側


IoTで農業効率化

■協働法人概要 ◎ジャパン・ミネラル・ファーム株式会社  所在地:〒374-0133群馬県邑楽郡板倉町大字岩田2441-1  設立:2016年6月8日 代表者:赤坂晴久 事業概要:野菜栽培、野菜加工 ◎東京農業大学  所在地:〒156-8502東京都世田谷区桜丘1-1-1 創立:1891年  学長:高野克己

◎システムデザイン開発株式会社  所在地:〒060-0061札幌市中央区南1条西10丁目1番2SDDビル 設立:1985年8月1日 代表者:菅野満 事業概要:システム開発

◎アイアグリ株式会社  所在地: 〒300-0015 茨城県土浦市北神立町2-12  設立: 1986年11月 25 日  代表者: 木村泰行 事業概要:農業資材販売


#IoT #IoTで農業効率化 #ドローン #産学協働 #ニュースリリース #アイアグリ #東京農業大学

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財