• TalkingNEWS

主婦層にターゲットを絞った新感覚の自動車との付き合い方「軽帯自動車」がライセンス事業を開始!

〈株式会社ジーライオン〉

GLIONグループ(ジーライオングループ、所在地:兵庫県神戸市、代表:田畑 利彦)おくるまネットワーク株式会社より、2019年9月より「軽帯自動車」がライセンス事業を開始致します!


携帯自動車

リース市場は現在も拡大を続けています。個人向けリースは2018年度では前年比120%となっており、数年後には3〜4倍にのぼると予測されています。拡大要因としては自動車ユーザーの認識の変化が挙げられます。かつては「所有」するものであった自動車は「使用」するものであるという認識へと変化しています。マイカーリース市場の成長性に目をつけ、ユーザーへ今まで以上のメリットを提供し、販売店側も顧客循環型の経営の仕組みを取り入れる、そのような目的からうまれた「軽帯自動車」は全国へライセンス契約での販売店募集をスタートし、更なる市場拡大を図ります。

軽自動車ユーザーの毎月の平均走行距離は約450㎞という統計データがあがっています。特に女性ユーザーの乗り方としては、日常の買い物や家族の送迎などで、近距離での利用が多いのが特徴です。利用頻度は高いものの、1回あたりの走行距離は10㎞~15㎞であるのに対して、毎月の支払いは3万円ほどの負担があるのが現状です。「軽帯自動車」はこういった主婦層にターゲットを絞り、今までにない全く新しい自動車の乗り方を提案したものです。「軽帯自動車」をライセンス事業として全国展開をする背景には、自動車流通の課題である納車時陸送費を軽減することが更なるシェア獲得につながると確信してのものです。リースという仕組みを活用し、顧客循環型の経営基盤を構築する為にも効果的で、ライセンスによる全国展開は、ユーザー・加盟店・本部ともがWIN-WIN-WINになる仕組みとなります。自動車業界で成長しているマイカーリース市場のシェア拡大と、更なる顧客満足を追求したサービスをリリースしていく計画です。 軽帯自動車とは業界初の従量課金型マイカーリースの「軽帯自動車」は、「携帯電話の料金感覚でクルマに乗れる」というコンセプトのもと、基本料金4,800円+1kmあたり10円(税別、別途ボーナス払い有)という破格のお値段。毎日車に乗るけれど、買い物や家族の送迎等がメイン用途で、走行距離が短い主婦層をターゲットとしたサービスです。顧客ニーズにもぴったりマッチしたところが人気で、2019年1月の販売スタートから順調に実績を上げています。新車から2年半の契約となっているので、車検前には乗り換えることができ車検費用の負担が全くないということもポイントです。視点を変えると、「車種にこだわらなければ2年半に1回新車に乗れる」ということになります!


会社概要

会社名:GLIONグループ 本社所在地 :〒650-0033   兵庫県神戸市中央区江戸町104番6階 事業内容 :自動車正規ディーラー業、料飲事業、海外事業、オートクチュール事業他 URL:http://glion.co.jp/


#携帯自動車 #軽自動車 #主婦ターゲット #リース #自動車との付き合い方 #中小企業経営の参考になるニュース

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし