• TalkingNEWS

中小企業における事業承継の最新潮流セミナー

〈中小機構〉

中小企業における後継者不在が大きな社会問題となって久しいです。中小企業の経営者の平均年齢は66歳(2015年現在)ですが、このピーク値は年々上昇しており、事業承継が進まなければ中小企業廃業の急増により、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用が失われる可能性があるとも言われています。 そのような状況の下、後継者は決まっていないが事業は存続したいと考える中小企業の経営者は多く、事業承継にM&Aが活用されるケースが増えてきています。このセミナーでは、ディール数日本最多の中堅中小企業M&Aコンサルタント渡部恒郎さんをお迎えし、中小企業の事業承継と後継者問題によるM&Aの最新状況を中心に、各業界のM&AやベンチャーによるM&Aなど、最新のM&Aの潮流をお話頂きます。


セミナー名:ディール数日本最多のM&Aコンサルタントから見た中小企業における事業承継の最新潮流

日時:2019年8月6日(火曜) 14時00分~16時00分

申込方法::定員(60名)となり次第締切とさせていただきます。

講師:株式会社日本M&A 上席執行役員 渡部 恒郎 氏

場所:開催会場が異なります。ご注意ください。

独立行政法人 中小企業基盤整備機構 TIP*S   東京都千代田区丸の内2-5-1丸の内二丁目ビル6階611区

参加費:無料

定員:60名

対象者:中小企業経営者、管理者、従業員等、小規模事業者等(全業種)、起業予定者、中小企業支援担当者


お問い合わせ


人材支援部 人材支援業務課 虎ノ門セミナー担当

Tel: 03-5470-1645 Fax: 03-5470-1561


#中小企業 #事業承継 #セミナー #MA #ディール数日本最多 #中小企業経営に役立つニュース

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財