• TalkingNEWS

三井住友海上、遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」を導入

〈三井住友海上火災保険株式会社〉

~女性の健康と、育児と仕事の両立をサポート~


MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、 7月から、株式会社Kids Public(代表:橋本 直也、以下「Kids Public」)が運営 する、遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」を導入しました。


本サービスは、妊娠中から産後2年までの女性社員および男性社員の配偶者を対象に、スマートフォン 無料通信アプリ「LINE」や電話を活用して、自宅で産婦人科医または助産師に相談できるサービスで す。


三井住友海上は、多様な社員全員が成長し、活躍する会社を実現すべく、ダイバーシティ&インクルー ジョンを推進していきます。

※本サービスは、医療行為ではないため、診断や処方は行いません。


1.「産婦人科オンライン」の概要 Kids Publicに所属する産婦人科医または助産師に、平日18時~22時に体調に関する質 問や悩みを、気軽に相談できるサービスです。これにより、「通院するほどではないけれど、気になる 体調の変化がある」、「復職に向けて授乳はどのようにしていけばいいの」といった不安や悩みの解決 につながります。なお、本サービスは、海外駐在員の相談など、海外からも利用可能です。


三井住友海上

開始時期: 対象社員:

利用時間: 利用方法:

2019年7月5日 妊娠中から産後2年の女性社員および男性社員 の配偶者 平日18時~22時 スマートフォン無料通信アプリ「LINE」や 電話を活用して、サービスを利用することがで きます。


2.サービス開始の背景

当社は、従来から、多様な働き方の実現に向けて、社員一人ひとりの事情に配慮した職場環境の整備 を進めてきました。女性の健康づくりに対する支援として、本サービスを導入し、社員および家族が 健康でいきいきと安心して働きながら、より一層活躍できる体制を整備することとしました。


■株式会社Kids Public 本 社:東京都千代田区神田小川町1−8−14 設 立 日:2015年12月28日 代 表 者:代表取締役社長 橋本 直也(小児科医) 事業内容:「子育てにおいて誰も孤立しない社会の実現」を理念として、インターネットを通じた

遠隔健康医療相談サービス「小児科オンライン(https://syounika.jp/)」「産婦人科オン ライン(https://obstetrics.jp/)」等、健康や子育てに寄り添うサービスを提供してい ます。


#三井住友海上 #産婦人科オンライン #遠隔医療健康相談 #女性の仕事 #働き方改革

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財