• TalkingNEWS

リコージャパン、栃木県大田原市と地方創生に係る包括的連携協定を締結

最終更新: 2019年5月20日

〈リコージャパン株式会社〉


リコージャパン株式会社(社長執行役員:坂主 智弘)は、栃木県大田原市(市長:津久井 富雄)と地方創生に係る包括的地域連携を締結しました。リコーグループが地方創生に関連した連携協定を締結したのは、あわせて30件となります。 



地方創生
栃木県大田原市

左から) 大田原市 津久井 富雄市長、 リコージャパン 社長執行役員 坂主 智弘


大田原市は、大田原市未来創造戦略において「大田原市における安定した雇用を創出する」「大田原市への新しい人の流れをつくる」「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」「時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに地域と地域を連携する」の4つの基本目標を掲げ、「知恵と愛のある協働互敬のまち」の実現に向けて取り組んでいます。 

一方、リコージャパンは、リコーグループの国内販売会社として全国各県に支社を設置し、地域密着で事業を展開しています。お客様の経営課題、業務課題を解決するためのさまざまなソリューションをワンストップでご提供することに加え、オフィス領域で培った課題解決力をもとに、リコーグループが持つ技術力や環境対応へのノウハウを活用しながら、産官学金労言の皆様との連携・協力を強化して、地方創生・地域活性化に取り組んでいます。 

今後両者は、本協定に基づき、多様な分野においてお互いの経営資源やノウハウなどを連携させて取り組み、大田原市の地域活性化と市民サービスの向上を推進してまいります。

<大田原市とリコージャパンとの包括的連携協定について>

■協定の目的 大田原市とリコージャパンが密接に連携することにより、相互の人的・知的資源の活用を図り、協働して事業を展開することにより、「まち・ひと・しごと」の創生に向けた取組を、戦略的に推し進めることを目的とします。

■連携事項 目的を達成するため次に掲げる事項について連携し協力して取り組みます。 (1) 安心安全なまちづくりに関すること (2) 働き方改革、遠隔コミュニケーション活性化に関すること (3) 移住・定住の促進、定住自立圏推進に関すること (4) 産官学連携の推進に関すること (5) 遊休施設の利活用に関すること (6) その他地方創生の推進に資すること


#栃木県大田原市 #リコージャパン

#地方創生 #働き方改革 #移住 #産学連携

#地方活性化 #Iターン #Uターン

#地方創生ニュース

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし