• TalkingNEWS

損保ジャパン日本興亜の「LINE」を活用した「おくるま撮影サポートサービス」の開発・導入を支援しました。

最終更新: 2019年5月20日

〈株式会社イードリーマー〉


株式会社イードリーマーが損保ジャパン日本興亜の「LINE」を活用した「おくるま撮影サポートサービス」の開発・導入を支援。


損保ジャパン日本興亜の「LINE」を活用した「おくるま撮影サポートサービス」の開発・ 導入を支援しました。


株式会社イードリーマー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:山下 亮、以下イード リーマー)は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:西 澤 敬二、以下 損保ジャパン日本興亜)が2019年1月から拡大したコミュニケーションアプ リ「LINE」を活用した保険金請求サービスにおける「おくるま撮影サポートサービス」の 開発および導入の支援を行いました。

本サービスはブラウザカメラの技術を用いることで、保険契約者が「シームレス」に損害 車両や事故状況を撮影し、保険会社へ提供することができます。チャット上で起動するブ ラウザカメラを用いて、ガイドに沿って損害画像を撮影するサービスは業界初の試みとな ります。

<おくるま撮影サポートサービスの概要> 本サービスは、新たにアプリケーションをダウンロードすることなく、撮影ガイドが表示 されます。 そのため、お客さまは簡単に損害額の確認に必要な画像を撮影することができ、また撮影 画像の品質を一定に保つことが可能となります。 イードリーマーは、累計11万台を超える損害車両を査定、流通させてきた研究知見を元 に、損保ジャパン日本興亜と共同で損害車両査定に特化した撮影サポート機能を開発しま した。これにより、保険請求業務の更なる効率化、保険金支払いまでの期間短縮を目指し ます。 



インシュアテック
おくるま撮影サポートサービス

『おくるま撮影サポート』利用イメージ

<短期的な追加機能> 今後は、本サービスを利用した撮影画像による損傷の大きさ判定、ガイドと異なる画像を 撮影したときの警告、ガイドと合致したことを視覚的に示す、拡張現実技術を用いた測定 機能等を追加し、より利便性の高いInsurTechサービスをめざします。

<今後の展開> イードリーマーは、損保ジャパン日本興亜と共にお客様に寄り添ったサービスの開発を 行って参ります。

損保ジャパン日本興亜 ニュースリリース URL:https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/2018/20190329_1.pdf

【会社概要】 社名: 株式会社イードリーマー 本社: 東京都渋谷区東3-14-15 MOビル5F ホームページ: http://www.e-dreamer.co.jp/ 代表: 代表取締役CEO 山下 亮 設立: 2006年1月17日 資本金: 23,500,000円(資本準備金3,500,000円) 事業内容: ◆ 日本最大級の事故車オークション リンカー ダイレクト オークション運営 ◆ 日本初の中古太陽光発電所マッチングサイト ソルセル運営 ◆ カーライフマガジン イキなクルマで運営 ◆ インターネット事業に関するコンサルティング ◆システム受託開発 ◆ AI 機械学習を利用したシステム、サービス開発 ◆ オークションシステムの企画と開発 ◆ BPO事業 コールセンターの構築と運営 ◆ 物流事業 本件に関するお問い合わせ 株式会社イードリーマー 代表取締役 山下亮 (info@e-dreamer.co.jp) 電話:03-6427-3994 FAX :03-5778-3003


#おくるま撮影サポート

#インシュアテック

#フィンテック

#自動車保険

#LINE

#損保ジャパン日本興亜 #フィンテックニュース #インシュアテックニュース #損害保険ニュース

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし