• TalkingNEWS

保険+ドローン飛行支援地図サービス『SORAPASS care』を販売

最終更新: 2019年5月21日

~飛行支援地図サービスと保険をセット化、ドローン飛行の安全を促進~


一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(所在地:東京都文京区、理事長:鈴木真二 以下「JUIDA」)、 ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田 貴之、以下 「ブルーイノベーション」)および損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、 取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)は、ドローン飛行支援地図サービスに保険 をセット化した「SORAPASS care」を 12 月 5 日*から販売します。


ドローン飛行の安全のためのドローン飛行支援地図サービスと保険に、手間をかけず同時に簡単 に加入できます。また、業務利用・ホビー利用どちらもカバーするドローン保険は国内初となり ます。


1.背景

・目的 「空の産業革命を拓く」とまで言われるドローンは限りない可能性を秘めていることから、さまざまな分野においてその利活用が急速に進んでいます。一方で、ドローンは自らの飛行情報 を他者へ発信・共有する機能を備えておらず、ドローン同士の衝突や有人機との衝突による事故 を防ぐためにも、ドローンの位置情報をリアルタイムで把握、共有することが喫緊の課題と なっています。

JUIDA とブルーイノベーションは、飛行前に飛行禁止エリア、気象情報を確認でき、国への 申請書・報告書の作成をサポートするドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」(WEB 版)を 2016年5月から提供していますが、このような背景から、ホビー・商用にかかわらずドローン利用 者自らが自機の使用状況、緊急連絡先を発信し、他者と飛行エリアを共有する機能を新たに開発、 損保ジャパン日本興亜が提供する保険とセット化し「SORAPASS care」をサービス提供します。


2.『SORAPASS Care』のメリット

・特長

・ドローン飛行支援地図サービスに保険をセット化することで、事故リスクの軽減が図れるだけでなく、ワンストップのトータルサービスを実現しました。

・自分の飛行エリアの発信、他機との飛行エリアの共有が可能なため、ドローン利用者同士や有人機、ドクターヘリ等ドローン利用者以外への情報提供ができ、事故を未然に防ぎます。

・飛行禁止エリア、飛行可能施設の最新情報を閲覧できます。

・【国内初】本サービスの保険では、業務用、ホビー用どちらの用途もカバーします。

・万が一事故が発生した場合でも、アプリ上に表示された事故連絡先に迅速に報告できます。



ドローン飛行支援

※Android 版は本日(12 月 5 日)から Google Play にて公開。iOS 版は 12 月 6 日から Apple Store にて公開。サービス利用料金は 5,000 円/年(保険料込)です。


3.ドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」の概要

(1)【新機能】自分の飛行エリアの発信機能(アプリ版のみ)

飛行開始時に、自分のドローンの飛行エリアを発信することにより、他者と飛行情報を共有 することができます。

(2)【新機能】他者の飛行エリアの確認機能(アプリ版のみ)

地図上で他者の飛行情報を確認することにより、未然に事故を防ぐことができます。

(3)【新機能】飛行禁止エリア地図表示機能(WEB 版・アプリ版)

法令等で定められる飛行禁止エリア(空港周辺や人口密集地等)に加え、石油コンビナート などの飛行危険エリアの情報を最新の地図情報上に表示します。また、天気情報や 3D 情報も 閲覧することができます。

(4)【新機能】飛行可能施設のご紹介(WEB 版・アプリ版)

ドローンの利用可能な JUIDA 試験飛行場について、最新の情報にアクセスできます。

(5)飛行申請書・報告書作成サポート機能(WEB 版のみ)

飛行が禁止されるエリアでも、飛行許可申請を取得することでドローンを飛行させることが 可能となります。

(6)操縦者情報、ライセンス情報、機体情報の管理(WEB 版のみ)

自身の操縦者としての情報、取得されているライセンス情報(JUIDA 操縦技能ライセンス等) や機体の情報を登録し管理することが出来ます。

※詳細については、SORAPASS care の WEB サイト https://www.sorapass.com/information/care_lp.html を参照 ください。


4.保険商品の概要

(1)補償対象者

・『SORAPASS Care』への申込みを行った個人

・『SORAPASS Care』への申込みを行った個人が所属する法人、および、個人事業主

(2)主な補償内容

趣味利用・業務利用を問わず、ドローンの所有・使用・管理に起因した事故により、他人に ケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたことによって、補償対象者が法律上の賠償 責任を負った場合に1億円を限度に保険金をお支払いします。

(3)提供方法 『SORAPASS Care』の申込みと連動して、賠償責任保険が自動的に付帯されるため、ユーザー は個々に保険加入の手続きを行う必要はありません。


以上


#ドローン飛行支援 #新しいビジネス

#ドローン保険

#SORAPASScare #損害保険ニュース

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財