• TalkingNEWS

ヤプリ、総額30億円の資金調達を実施

〈株式会社ヤプリ〉

アプリプラットフォーム「Yappli」を提供する株式会社ヤプリ(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文、以下ヤプリ)は、2019年6月17日(月)、資産運用大手フィデリティ系のEight Roads Ventures Japan(旧称:Fidelity Growth Partners Japan)をリード投資家とし、SMBCベンチャーキャピタル、既存株主(株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタル株式会社 )を引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫からのデットファイナンスを合わせ、最大で約30億円の資金調達が決定したことをお知らせ致します。内訳は、第三者割当増資で約22億円(追加投資枠含む)、融資で約8.5億円となります。

当社はこれまでに、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタル株式会社、salesforce.com, inc、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、川田尚吾氏らから約10億円の資金調達を実施しており、累計調達総額は約40億円になります。


ヤプリ

■資金調達の目的 Yappliは、モバイルテクノロジーで企業の課題解決を行うクラウド型のアプリ開発プラットフォームです。2013年のサービス開始以来、プログラミング不要でスマートフォンアプリの開発・運用を可能にする革新的な技術を提供し、これまで300社以上の企業に導入されており、Yappliで開発されたアプリの累計ダウンロード数は3,500万(2019年5月実績)を突破しました。SaaS(Software as a Service)の重要指標である解約率は1%以下を維持し、売上高も前年比約2倍で成長しております。

今回調達した資金は、主にプラットフォームの拡大に必要なプロダクト開発と人材の採用、マーケティング活動への投資に活用します。実績が豊富な店舗・Eコマースのマーケティング支援領域では、機能開発と並行した広告活動への投資で顧客基盤のさらなる拡大に注力します。また、働き方改革を追い風としたデジタルトランスフォーメーションの潮流に乗り、社内での利用やBtoBでの生産性向上を目的としたビジネス支援のアプリ活用が進んでおります。この領域においては、多岐にわたるニーズに合わせた機能開発を中心に、新たなソリューションの確立を目指します。

今後も企業の様々なビジネス課題を解決するアプリプラットフォームの実現のために、開発・投資を進めてまいります。

■新規投資家からのコメント Eight Roads Ventures Japan  プリンシパル 村田 純一 氏 “No-code/ low-code”がSaaS業界のグローバルでの大きな潮流の一つとして昨今取り上げられる中、Yappliのチームは、その言葉が生まれる何年も前から、その分野に着目したパイオニアでありその先見性はビジョナリーであると言えます。卓越したテクノロジーとUX改善への執念はもちろんのこと、強力なカスタマーサクセスも当社の強みの一つであり、顧客とのインタラクションを通じて得たインサイトあふれる知見を通じ、Yappliは更なる将来を見据えています。弊社としてはその現在の強みと将来の可能性の双方に魅力を感じ、今回の大型ラウンドをリードさせていただくことにいたしました。 Yappliにとってはこの調達は単なる通過点にすぎません。ここからの更なる圧倒的な成長軌道を投資家としてご一緒できることを心より楽しみにしております。

■既存投資家からのコメント グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー 今野 穣 氏 この度、Yappli社に対して、既存株主による追加出資として参加できたことを大変喜ばしく思います。弊社から同社への出資は今回で三回目となります。 同社の保有する高い技術力・製品実装力と、業務遂行力の高さに裏打ちされた、極めて高い資本効率・良質な経営指標(KPI)は、数あるスタートアップ企業の中でも、間違いなくトップクラスです。 今回調達した資金を元に更に事業・組織を拡充し、「Mobile Tech for All」というミッション実現に向けて愚直に邁進されることによって、日本を代表するSaaS 企業としてご発展されることを願っています。

YJキャピタル 代表取締役 堀 新一郎 氏 2013年に出資させて頂いてから、早6年。2015年のSlush Asia準優勝&資金調達を皮切りに快進撃が始まりました。この4年間は日本のスタートアップ業界の中でもトップクラスに入る成長スピードだったと思います。 初回出資時から今も変わらない、マーケットの最先端の技術をプロダクトに組み入れる開発力、クールなデザイン・制作力、クライアントファーストのセールス力。今回の調達を通じて、ヤプリのコアコンピタンスを更に高めていき、グローバルで活躍するサービスに発展されるよう期待しています。

(株)セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 Salesforce Ventures  日本代表 浅田 慎二 氏 従来SIERが独占してきたモバイルアプリ開発というマーケットに対し、Yappliはユーザの本質的な成功にコミットするSaaSモデルを提供することで、今日までものすごいスピードで成長してきました。その姿を近くで見ることができ大変感謝しています。今回の資金を元にさらにカスタマーサクセスへコミットし、近い将来グローバル進出を果たすことを期待しています。

■Yappli(http://yapp.li/)について Yappliはモバイルテクノロジーで企業の課題解決を行うクラウド型のアプリ開発プラットフォームです。アプリの開発・運用・分析がワンストップで行え、専門チームによるサポートでアプリの成功確率を高めます。導入企業は300社を超え、店舗やECの販促支援、社内やBtoBでの利用、メディアや学校法人まで幅広い業界の課題解決に活用されています。 《4つの特徴》 ①スピード開発:iOSとAndroidのネイティブアプリをプログラミング不要で素早く開発 ②カンタン運用:誰でも直感的に操作できる管理画面・分析機能を提供 ③進化      :新機能の追加やOSのバージョンアップをクラウドから提供 ④成長支援  :充実のサポート体制でアプリの成長支援にコミット

■株式会社ヤプリについて 本社  :東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 41F 大阪支社:大阪市中央区難波 5-1-60  なんばスカイオ 27F 福岡支社:福岡県福岡市中央区大名1-1-29 Wework大名 代表者 :代表取締役 庵原 保文 事業内容:アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」の開発・提供 URL   :https://yappli.co.jp

#ヤプリ #資金調達 #30億 #ベンチャー企業 #ベンチャーニュース

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

Fintech協会/新分科会設立のお知らせ

<一般社団法人Fintech協会> Fintech(Finance+Technology)業界団体である一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/鬼頭 武嗣、以下「Fintech協会」「当協会」)は、この度、会員企業を対象にした新分科会「オンライン型ファクタリング分科会」を設立いたしました。また2020年9月30日に第1回目となる分科会をオンラインで開催いたし