• TalkingNEWS

AIによって仕事が奪われるは嘘!?社会人の37%がAIが普及すると仕事が楽になると回答!

〈ベースメントアップス株式会社〉

ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「AI時代の仕事」について調査しました。

近年、AIの技術革新が急速に進んでいます。

現在のAIは、主にディープラーニング(深層学習)によって支えられ発達しています。ディープラーニングとは、大量のデータから規則性を見つけ出す技術のことです。ディープラーニングは、主に画像認識や音声認識、自然言語処理を可能にし、車の自動運転、コンビニの無人化などに活用されています。このようにAI技術が今後ますます発達すると、便利な世の中になっていくことが予想できます。

しかし一方で、AIが仕事を奪い、職に就けない人が増加する未来を予想する人もいます。2014年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は、今後10年で既存の仕事を70%がなくなるという論文を発表しました。論文では、テレマーケター、データ入力係、銀行窓口係などの職業がなくなるとしています。

このようにAIの普及によって、生活が便利になる一方で、仕事が無くなってしまう可能性もあります。 それでは、社会人はAIの普及についてどのように考えているのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「AIの普及についてどのように考えますか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。


AI

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/584

社会人を対象に、「AIの普及についてどのように考えますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

仕事が楽になる:37% 仕事を奪われてしまう:24% 新しいビジネスチャンス:22% 興味がない:17%

■仕事が楽になる:37% 仕事が楽になると回答した人は、37%でした。現在、人が行っているデータ入力などの単純業務は自動化され、肉体労働はAIを活かしたロボットによって自動化されることでしょう。その結果、人の仕事は楽になり、自由に使える時間は今よりも増えると考えられます。 仕事を奪われてしまう: 24% 仕事を奪われてしまうと回答した人は、全体の24%でした。上述したとおり、AIによって失業者が増える可能性があります。しかし、一方で過去の産業革命を歴史を振り返ると、産業革命で失業者は生まれたものの、それ以上に新しい雇用が生まれたことが分かります。つまり、AIによって職を失う人が出る可能性はありますが、新たな仕事に転職することはできると考えることができます。

■新しいビジネスチャンス: 22% 新しいビジネスチャンスと回答した人は、22%でした。AI技術が進歩することにより、新しいプロダクトが生むことや、既存の商品、サービスを進化させることができる可能性があります。そのため、AIの普及を新しいビジネスチャンスだと思っている人は少なくありません。

■興味がない:17% 興味がないと回答した人は、17%でした。現在AIの普及に関してのニュースや報道が増えてきていますが、中には興味がない人も一定数います。スマートフォンの普及によって我々の生活が一変したように、AIの普及によってありとあらゆるものが変わると言われています。今後はさらに加速度的に、AI関連の商品やサービスが誕生し、生活の中で普通に利用されていくのではないかと考えられます。

下記記事では、「AI時代を生き抜く為に必要なこと」について紹介しているので参考にしてみてください。 https://taisyokuagent.com/articles/584


■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo ■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact https://taisyokuagent.com https://kagoshimahighball.jp


#AI #AIの普及 #なくなる仕事 #ビジネスチャンス #中小企業経営に役立つニュース

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財