• TalkingNEWS

AIを活用した自動車保険見積書作成支援アプリの開発について

〈三井住友海上火災保険株式会社〉

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、AIを 活用した自動車保険見積書作成支援アプリを開発しました。


本アプリは、スマートフォン等のカメラで撮影した自動車保険証券の画像をAIが自動で読み取る機能 を搭載しています。従来、見積書の作成には数十項目の手入力が必要でしたが、本アプリにより、必要な テキストデータを自動で抽出し、簡単かつスピーディな作成が可能となります。お客さまをお待たせする ことなく保険をご提案できるほか、代理店の見積書作成にかかるロードを軽減します。


三井住友海上は、お客さまに信頼され選ばれる保険会社を目指し、今後も先進デジタル技術を活用した 品質向上に努めていきます。


1.本アプリの概要 当社代理店が、スマートフォン専用アプリでお客さまの保険証券を撮影し画像データを専用サーバに 送信すると、AIが見積書作成に必要なテキストデータを抽出します。代理店は抽出されたデータを パソコンで確認し、見積書作成システムに転送するだけで簡単かつスピーディに見積書の作成が可能と なります。また、AIを活用しているため、撮影を行うほど識字率が高まります。 なお、本アプリは、MS&ADシステムズ株式会社(社長:柳瀬 俊也)のプロジェクト管理のもとArithmer 株式会社(社長:大田 佳宏)と共同で開発しています。


AI

2.期待される効果 本アプリにより、お客さまからの自動車保険証券のご提示から見積書のご提案まで約70%の時間短縮 が見込まれるため、お客さまの待ち時間が大幅に削減されます。

3.今後について AIの機械学習を通じて読み取り精度が高まるため、撮影を行うほどにお客さまの待ち時間の短縮と 代理店の見積書作成にかかるロード軽減につながります。


以上


#三井住友海上火災保険 #自動車保険 #AI #アプリ #見積もり #インシュアテック #フィンテック #保険代理店経営に役立つニュース

最新記事

すべて表示

信用金庫初!「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用開始中小事業者の人材雇用支援を強化

<大阪信用金庫> 信用金庫では初の試みとして「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始。合わせて「公益財団法人産業雇用安定センター大阪事務所」と連携協定を締結し中小事業者の人材雇用支援を強化 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、中小事業者の人材雇用に関する課題に対し、ソリューションの充実を図るため、このたび、「ハローワーク求人・求職情報提供サービス」の利用を開始するとともに、「公益財